<< アンテディア_02(縮毛矯正編) | main | 縮毛矯正レシピ_05 >>

アンテディア_03(カラー編)


前処理:基本的に「あま〜く」です。
    毛先が逝きすぎて…発色できない場合や、重合した色素を維持できない
    場合に「ラメ処理1.2.3」を行きます。
    理由は…寒色系の色の入り等を抑制するイメージです。
    (毛先だけ妙に緑になった経験から)
    
    
    逆に発色の悪そうな新生部には処理を…アルカリに振ってあげるなど食い付き
    を良くする行程をプラスします。
    気をつけなければ根元だけ「明るくなりすぎ」にもなる。
    (塗布量に十分な配慮を…)

中間処理:適度に混ぜ込む。途中のコーミング時にセラミド系シリコン系塗布
     これも退色防止と触感向上が目的です。

後処理:ラメ1.2.3を簡単にしてキトアクアでコートもしくはシリル化
   (熱で被膜形成)するPTで処理する
    退色防止と触感向上が目的

注意:過度のppt投与は…
   カラーの発色を遅らせるだけでなく狙った色調が出ない事もあります。
   経験で塗布量を思えて下さい


■Uα■
撥水性で発色の悪い髪、白髪に乗らない場合は…
白髪や撥水毛などの浸透に苦労する髪の浸透性を上げる効果が高いです。
また、アルギニン水であらかじめアルカリに振ってあげるとカラーが早く反応してくれます。

■Cα■N氏のコメント
Cαはカチオン化ケラチンで平均分子量が35000ぐらいですが、分子量分布は1000ぐらいから10万ぐらいまで広い分布のPPTです。ダメージレベルが低くてもダメージさせるような施術を行なう場合には、ダメージ抑制やキューティクルの保護に使えますよ。


■アミノプロL4000(L4000とHSN10000■
毛髪への収着性および毛髪上での造膜性の両方を併せ持ち、カラー、トリートメントに使用可。前処理をする事でカラー時に暖色系を強く発色させることから、
染まりにくい毛髪に有効。

■WG系(小麦タンパク)酸リンス・バッファー剤混入カラー用■

カラー:塗布量、温度、放置時間、OX濃度、アルカリ、ノンアルカリ、酸性など
    の条件で大きく反応、発色が変わって来ます。

■コラーゲン■
コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成する蛋白質です。
コラーゲンの補修剤は、ウシの皮、豚の皮、魚の皮等が原料に成っています。
カラー剤に混入してしっとりとしたしなやかさ(保水力)を出します。
●PSコラーゲン ●USコラーゲン
 
■友人のコメント■
シャンテさん:HCAQなんですけど、両性の活性剤で希釈している
       場合は、ペリセアもMIXできますよ。
       キトプラス+カチセロ+BG+フェノキシ=皮膜感有効


■antennaの考え方■
1.発色しやすい条件を創ってあげる(薬液が均等に作用するための下ごしらえ)
2.カラーによって生まれたダメージホールを柔らかくしっかり埋めてあげる。
 軽く収斂させる(退色防止)CMCは必要です。
3.退色防止のため表面を軽くコートする
(シリコンや、糖質、キトサン誘導体など)する。
4.むやみやたらに処理剤を投与しない

*皆さまのコメント、メッセージをお待ちしてますm(_ _)m


▲修正▲
1.画像にてペリセアの使用ポジションを左にシフトしました。(3/7訂正)
2.画像でCαのポジションが掲載してませんでしたが右に掲載しました。
 m(_ _)m(ダメージ4〜5)(3/7訂正)



訂正や付け加えございましたらコメント願います。メールでも受け付けます。
*結果につてはあくまでも自己責任で願います。

修正中です。コメント下さい↑

アンテナが使用する代表的なもの…

■高分子■γケラトース /キトアクア・キトプラス・Uα・Cα
    ケラキュート ガンマ(原液60%)
    ケラキュートγ-EX(ガンマの濃度調整・保湿剤・安定剤添加)
    ケラキュート Uα
    ケラキュートP-HMW(生ケラチン)
    【キトサン誘導体】
    アクアプロテクト
    キトプラス
    キトアクア
    アクアフィルム
■中分子■アミノプロL4000(L4000とHSN10000)
    アミノプロL4000
    アミノプロHSN10000
    WK-L(WK-LとWK-GB)
    USパウダー200(ウシ皮由来)
    PSココラーゲン100(豚皮由来)
■低分子■アミノプロ600/1200/ k400/HCAQ
    アミノプロ600QT
    アミノプロ1200Q
    アミノプロ1400C(WK-HCAQ)・・・
■低分子シリル化■ヒートケラチン・ヒートコラーゲン
    アミノプロHK(ヒートケラチン)
    アミノプロHC(コラーゲン)
    アミノヒートシルク
■脂質■ペリセア・ベルロCMC・18MEA
    アミノプロPEL50(ペリセア)
    インピュアエッセンス(ウマスフィンゴ脂質)
■ヘマチン■
    マーキュリーG3
    Hコンク
*インサイト・MAGO印・リトルサイエンス・ハホニコ等で入手可能です。
 私が思うに多くのpptを使いこなせることより一つのpptを深く知ること
 の方がいいと感じます。

確認は↓ここで願います。
http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/?eid=82192

at 19:47, アンテナ, アンテディア

comments(0), trackbacks(1), pookmark

comment









trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/100174
ワンコインダイエット 振動マシン 健康 , 2007/03/04 12:56 PM

フィットネス・美容・アンチエイジング・ダイエット・セルライト・ 筋力強化・疲労回復などに効果 が見込まれます。