<< アンテディア_03(カラー編) | main | 縮毛矯正レシピ_05続き >>

縮毛矯正レシピ_05

■短波状毛〜弱捻転毛の場合■
履歴:過去15年縮毛矯正当店5年〜離れて5年最近帰省されて3回目
   ヘナ歴5年(現在に至る)

髪質:細く、硬く、捻転毛、毛量少ない、白髪部分15%つむじ付近
   後は白髪はほとんど無い、綿菓子のようなふわふわの髪質。

処置:脂質が足りない、細胞間脂質「路」を創って「低分子」で「しっとり感」を
   出したい。毛先が切れやすいので既存毛の内部強化をケラチンppt で…
   軟化を見極め指で還元剤を取り除き
   ケラテック〜γケラトース を投与!
   マトリックスブロックとしてCMC(接着目的)投与


薬液塗布:1.根元付近にアルギニン水を塗布
      撥水性の毛髪のため薬液をはじき浸透が悪いので…
      事前にアルカリに傾け還元剤の操作性をあげます。
    
     2.チオベースの還元剤:トリートメント=1:1の配合
      コレクションハード:ニュートリ+sps少々
      ネープのクセが強いので塗布量は多めに
      根元1cmは必ずあける
      細毛のため「断毛」「根元の折れ」を防ぐ意味で
      各パネルにクッションをしく(スポンジ)
     
     *人差し指を塗布する根元付近にあて指の上に乗せる要領で
      塗布します。粗めのコームで表裏丁寧に行います。
      別の方法はクッションを先にあててパネルをおき…
      ハケで丁寧に乗せていく(根元1cmあけやすい)

     


*切断点に濃い薬液が付かないように粘度をあげるために薬液選定しました

      軽く時間差塗布(5分くらい)
     3.既存部分には2:1:1とトリートメント効果を求めて
      配合しました。
      プロアゲイン:キュアード:1st=トリ:サル:シス
      揉みこむ…

     4.還元を確認!必ずしも「還元」=「軟化」ではない…
      既存毛は薬液を取り除き
      ケラテック〜γケラトース 〜ヘマ10の処理
      さらにベルロCMC2倍接着目的で…
     
     5.お流し:シャンプーボールに湯をはって「ちゃぷちゃぷ」
      すすぎを行う。さらに「ラメ1」を2プッシュ
      付けすぎは「ねちょねちょ」して重くなります
      注意して下さい。
                             
つづく…
*施術についてはすべて自己責任で願います

at 10:03, アンテナ, 縮毛矯正レシピ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/109434