<< 香草カラー02(自己犠牲) | main | 香草カラー03(6レベル) >>

香草カラーレシピ00

ここでは実験から、メールで解答を頂いた物をまとめました。
自分なりに調べました。
「香草カラー」はヘナと大きな違い…医薬部外品の取り扱いであること。
■医薬部外品とは?医薬品ではないが、医薬品に準ずるもの。つまり効果・効能が認められた成分は配合されているが、それは積極的に病気やケガなどを治すものではなく、予防に重点を置かれたものといえる。対象となる物もはっきりと定められている。この場合は、「白髪」「トーンアップ」に効果を期待。また、効果そのものも個人差があり、効果が期待できるという範囲である。(ヘアカラーと同じ分類)
その他ヘナとの違い 1.カラーチェンジが容易である 2.色数が豊富である 3.色むらがない 4.パーマも普通にかかる 5.植物成分の染めではない。
■内容成分
(表示指定成分)
硫酸パラフェレンジアミン       :単独では発色しません重合して発色する。
レゾルシン              :殺菌、防腐、角質剥離剤、脱毛症に、酸化染毛剤の修正剤。
5-アミノオクトクレゾール       :単独では酸化しないが染料中間体と酸化重合することで発色。
パラアミノフェノール        :
エデト塩酸             :酸化防止剤
L-システィン塩酸塩         :色素沈着改善剤
オルトアミノフェノール       :着色, 染毛剤、ブリーチ剤
メタアミノフェノール        :染毛剤, 染毛剤ヘアダイ、ブリーチ剤
塩酸2.4-ジアミンフェノキシエタノール
パラニトロオルトフェニレンジアミン


*言語検索するとヘナ販売業者のサイトにヒットします。内容成分の危険性をうたってますがそれなりに解釈願います。

(非表示成分)
甘草:刺激緩和効果  セージ:育毛効果  柿葉:血行促進効果  カミツレ:抗酸化作用 ウイキョウ:ハリコシ 紫根:ハリコシ、ツヤ ローズマリー:細胞賦活効果  チンピ:頭皮活性化  なたね:  ウコン:染色UPなど


■ HT系に関して(1:2オキシ溶き):基本的に希望レベルよりあがるような気がします。特にY系に関してはかなりあがる?(自己基準)
上から水溶きN系タイプ1レベルダウンを上から塗るか彩度を求めVBカラーを足す。
N系BR:マットな仕上がり(オールマイティ)
Y系BR :レベルが上がる(白髪染めの不向き)
R系BR :赤味が残る
G系BR:
色素の定着は
■マイルド(1:4で水溶き)に関して(トーンアップ無し):白髪をはじくような感じがするが、染まってる、シャンプー後、乾かすとさらに色味が深くなる、
翌日はさらに…空気酸化しているのが分かる
B系:赤味が残る(暖色)
N系:マットな感じ(寒色系)
その他商品
■香草ブリーチ(1:3オキシ):ヘナ、マニキュアなどのカラーチェンジ
■ハイパーデュウ     :ブリーチの痛み緩和、パーマのしみるを解消
■ピュアデュウ      :香草カラー水とき用
■リメイクトリートメント :
■ハイパーガード     :地肌のガード
■ショービトリートメントA  :地肌、毛穴の皮脂をとるタイプ
■ショービトリートメントB :髪にハリ・コシを与え自然のツヤがすばらしい
■ショービトリートメントC :A、Bの特長をほぼ備えている,A、Bの特長をほぼ備えている
___________________________________________________
付属商剤
■グレープシードオイル :
■らめ1         :
■コラーゲン粉末    :
■カチオン化セルロース :
(5/2更新)

___________________________________________________

■事前調合

水溶き、オキシ溶き両方塗布前、必ず5分は放置してください。塗りやすい粘度に変化していきます。放置時間が足りないと塗布量が増えるし塗りにくい。(無駄)
水溶きタイプは熱いお湯で混ぜないように。(人肌程度がベスト)5/6更新

■赤味を消すレシピ

基本的にHT系(OXY)の場合…N・BR系/Y・BR系を使用
マイルド(水溶き)の場合…N系使用
    
HT使用………………………… N・BR系には B系を足す。また、BR系には N系を足す
マイルド(水溶き)… … … ブラウン・ダークブラウン
(アクセント使用)    パープル系・グリーンなど

■白髪が浮く染まらない

チェック後、白髪が浮いている場合
水溶き(マイルド)N系を4倍でなく3倍や2倍で希釈して乗せる
数分で染まる。(希望レベル以下、もしくは希望レベル)
水溶きは若干暗く仕上がる。

■8〜10レベルの施術(白髪あり)

実験(5/12更新)
http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/?day=20070511
 

■7レベルの施術(白髪染め)

1)カッパー系:B-5) 5g+B-7) 20g+オレンジ)5g+OXY60cc【1:4:1(B-5:B-7 :オレンジ)(HT系使用)】

転記分
YBR5 YBR7 HTイエロー 2対1対1
RBR5 RBR7 HTレッド  2対1対1
NBR5 RBR7 HTオレンジ 2対1対1
(5/9更新)



■6レベルの施術(白髪染め

1)ナチュラル系(HT):N-BR-5) 10g+N-BR-7) 20g+オレンジ)5g+OXY60cc【1:2:0.5(N-BR-5:N-BR-5:オレンジ】

2)N-BR-7(40g)B-RB-5(10g)オレンジ5g+6%オキシ65cc+水30ccオキシパワーダウンしたため少し暗めです。5.5レベルくらいです。(5/5更新) 

転記分
YBR5 HTイエロー 3対1 イエローブラウン
RBR5 HTレッド  3対1 レッドブラウン
NBR5 HTオレンジ  3対1 オレンジブラウン
(5/9更新)
実験(5/12更新)
http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/?day=20070510

■5レベル以下 
 
基本的に「マイルド(水溶き)」を使用します。「ペリセア&キトアクア」泡責め2〜3プッシュを混ぜ込む(我流)もしくは「ラメ1」or「らめ3」を1プッシュ。(5/6更新)
色むらがある場合は最初「HT系」で合わせます。次回ご来店時から「水溶きリタッチ」をお勧めします。初回は「全頭」をせめて良い状態を…

■ペリセア+キトアクア(精製水100ccペリセア2〜3ccキトアクア2〜3cc)
 
香草カラーに混ぜ込みました。3プッシュ泡。
目的はペリセアの細胞間脂質、界面活性剤のような効果とキトサン誘導体の効果。
良い感じで混ざります。(皆さんご承知ですが…)

■香草ブリーチ

かなりパワーがありました。「脱染剤」なみに感じました。OXYとの配合は1:3でOXYが多めが良かったです。ライトナーとHTカラーの混合実験を進めます。

■ライトナー(12レベル)

10レベル作成=レベル9:ライトナー=2:1
11レベル作成=レベル9:ライトナー=1:2

■トナー(縮毛矯正との同時進行)水溶き使用



■ブリーチ毛への彩度の変化(14〜15レベルの毛髪) 

 N8水溶きを4倍でなく6〜8倍で溶く、増粘剤で粘度を調節。
N8自体がマット系で赤味を消す事ができます。(アドバイス分)
 HT系使用の場合はG9でも可能です。時間配慮願います。
 投函レシピ
兄貴san!!: オレンジ3g+グリーン3g+シャンプー5g+水100g
    レンジでチン 30秒 暖めて シャンプーして流して 終わり
トリ頭san:グリーン2グラム、イエロー2グラム、ショービーを16グラムで水80cc、オイル少々かな?暗くなり
    そうならグリーンを減らしてイエローを増やすとか、色素をもっと少なくするとか
(5/18更新)

(ただ今検証中)5/18更新                        
*水溶き「グリーン」の使用は注意してください。


作成途中です
アドバイス願います。

at 09:00, アンテナ, 香草カラー(漢方)レシピ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。