<< 縮毛矯正_07 | main | 矯正前のブローについて >>

HOTパーマの見解

■HOTパーマの見解
先日シャンテsanの講習のオフ会での会話より…
最近のHOTパーマ


HOTパーマの見解に付け加えます。(訂正を含む)

●乾かないように気を使うのでなく
最も重要なのは毛髪にあった「温度」「時間」で管理する。(訂正)

1.蒸しについてはケースバイケース

 高温で100度前後で15分蒸すと毛髪内部で「水蒸気爆発」が発生するのでは…
 その場合はむしろ「パット」をはずして「乾かして」あげる方がダメージを軽減できるのではないか…
 とかんがえました。
*健康毛なら乾きにくく濡れたまま還元できますがダメージ毛は乾いてしまいま 
 す。だったら乾いて良いように処理を施すことが効果的ではないかな…

2.毛先が乾きすぎる…その場合は「中間巻き」をして毛先をその上に置く。
 これで「過乾燥」を防ぐことができる。


3.ワインド前は…ラメ1などの脂質(油分の多い物)γケラトース やキトアクア、ヒートケラチンなどで処理をする
●ここまで思い出しました。…
今までの考えでは乾かないように気を遣えと記してましたが…
そこはケースバイケースに変更します。
温度もだいたい60度前後で10分〜13分を考えてましたが
100度7分〜クーリングもあり…この辺は実験して体験してみてください。

at 09:52, アンテナ, ホットパーマレシピ

comments(4), trackbacks(0), pookmark

comment
つぼっち, 2007/06/22 1:21 AM

アンテナさん、小倉でといいお電話といいブログまでも・・・(大泣

ここまでやってくれる人を私は他に知らないです!

ここにヒントがありましたね、忘れていました。

参考にさせていただきホット頑張ります!

エム, 2007/06/22 10:47 AM

ウイッグテスト
100度5分で湯気が出てきました。。。汗

ワインド前のラメなどはつけたままワインドでOKですか?

アンテナです。, 2007/06/22 11:14 AM

つぼっちさま)
そんなこと無いです。これはスタッフ教育に使用するおいらの覚え書きメモです。

エムsan)
お客様が熱くなければOKです。機械はオーディスですか?
ラメ1を薄く手のひらでのばして毛先が軽く白くなる程度です
つけすぎはかかりません。実験してみてください。

エム, 2007/06/22 11:36 AM

機械はオーディスです!!










trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/207901