<< HOTパーマの見解 | main | 縮毛矯正_08 >>

矯正前のブローについて

■矯正前のブロー・縮毛矯正&デジパーについて個人的見解
 
基本はツインブラシでブローをしてアイロンに入ります。
ブロー6〜7割アイロン3〜4割の比率かな?

6〜7割還元
中間処理をしてブローに入ります。
 ●びしょびしょの状態からブローするパターン
 ●有る程度乾かしてブローにはいるパターンがあります

この軟化(6〜7)場合はテンションは多少掛かります。
「引っ張る」感覚でなく「ゆるまない」テンションで固定する
(ダメージが少ない場合)

ダメージが多い場合は
 水を多く含んでいます。ツインブラシでテンションをかけなくても掛かってしま
 う恐れがあります。
 その時は、冷風・温風を交互に水気をかなり取ってから、ツインブラシ、
 又はYSのジャンボロールに毛束を乗せて乾かします。
 さらにダメージが深刻な場合は完全ドライ(ブラシを使用しないで)して
 スルーアイロンに入ります。

しっかり矯正8割軟化
中間処理をしてブローに入ります。
 ●びしょびしょの状態からブローするパターン
 ●有る程度乾かしてブローにはいるパターンがあります
この程度還元が行われると、毛髪が膨潤してることが多いです。
テンションをかけてブローすると恐いです…(過去の経験から)
この場合は「ノンテンションブロー」で入ります。



■根元矯正と毛先のカールどっちが先?
基本は無いのでお好きな方からやって下さい。
ちなみに私は根元の矯正をしてそのままデジタルパーマに入ります。

カールをつける部分には「ブラシ」「熱」を入れません(基本的に)
しかし、ダメージがひどい場合はスルーアイロンのみ入れます。
キューティクルを整える程度の感覚で「鰹のたたき」イメージ

根元矯正後デジを巻く部分に「キトアクア」をつけます。
ペーパーでしっかり毛先をくるみます。
多少テンションをかけて巻く。
根元矯正が入っている場合はロット選定は一段落とします。(アンダー)
オーバーゾーンは28mm使用が多いです。

オーバーゾーンはB2Yアイロンで巻くことも少なくないです。
(長さが短いとアイロンを使用します)

一度還元しているんで軽く濡らすだけでカールはつきます。
スピエラやシスアミで2度還元(微還元)は基本的にしません。
(私の場合)
ただし、根元矯正時に毛先まで乾きます(気を遣っても)
だから、ここではテンションが必要になりました(経験から)
しかし、過度の引っ張り過ぎは厳禁です。

■縮毛矯正&デジパ外伝
アンダーゾーンは根元を矯正しないで「デジパーワインドして加温」
オーバーゾーンの根元矯正を施し、オーバーゾーンの毛先を28mmで巻く
        B2Yアイロンで巻く。
毛先ダメージが大きい場合はアイロンがいいかも?
もしくはデジ使用の場合は高温で時短…


マニュアルはありません毎日がイレギュラーです。思いつきと経験で仕事してます。(気分あり)だから、すべてがケースバイケースです。
*画像は過去のブログを参照して下さい。

at 13:02, アンテナ, 縮毛矯正レシピ

comments(2), trackbacks(0), pookmark

comment
よし, 2007/07/05 12:08 PM

ミクでお世話になってます。
すごく参考になりました。
ありがとうございます。m(__)m

アンテナ, 2007/07/05 12:21 PM

よしsan)お世話になります。こちらがメインになって来ます










trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/218923