<< 縮毛矯正_011 | main | ファンアイロン02 >>

ファンアイロン実験

■ファンアイロン実験01
目的:縮毛矯正の仕上がりのようなツヤのあるカールを出したい。
   デジパーの進化(併用)
 スクエアーレイヤーのウィッグ使用(セニング無し)
 還元剤ベルロジェルハード使用(15分放置)
 中間処理:CMC〜γケラトース 〜キトアクア
 水分量:タオルドライをしっかり
 ファンアイロン使用
 水分が残ったドカンにアニオンロットでまき直し。
 比較的ドライになったドカンはピンニング
 毛先がフラットなので「くるん」って言う質感はでてない。


巻き終わってピンニングした状態。
思った以上に細かく巻きます。


かかりの弱さを解消するため「アニオンロット」で巻き直し。
2剤使用後の画像です。



ブロー前の状態です。デジパーと比べると「カール」がかなり弱いです。
今回は180度使用、200度使用、100度使用しましたが…

*友人はコテパーの温度は90度で行ってます

つまり、低温「コテパーファンアイロン」で「プチクリープエアーふぇー部」ができそうなきがします。


乾かすのに時間が掛かった。
ツヤは確かに良かった。リピート施術にチャレンジします。
高温処理だと毛髪の「炭化」につながりカットしなきゃ…という髪質になります。


実験の感想
矯正の艶が出るカールを狙ってました。
ドロップなどきになる点がございます。
「プレワインド」という一手間を加えれば「コテパー」は今まで以上に掛かると思います。
「プレワインド」であらかじめゆるめてあげるイメージです。
23mm~30mm程度を使用します。これでかかりムラは解消できそう…
しかし、面倒くさい…

at 10:57, アンテナ, コテパー

comments(2), trackbacks(0), pookmark

comment
ろっく, 2007/07/20 11:07 AM

プレワインド!
僕は1液時にやってます。
還元チェックも出来ますし。
10本〜13本位、逆巻きでドカンドカンと。

今後色々試してみます。
また報告しますね。

アンテナ, 2007/07/20 11:12 AM

今までは1〜2本をデジパーでやってました。
コテパーでは10本〜15本ってとこかな?
これってやはり有効ですよね!
面倒くさいけど…










trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/231575