<< ナノリペアL | main | リピジュア実験02 >>

新型シスアミ(クリームタイプ)実験

■クリームタイプシスアミ
今まではシスアミの残留臭が嫌で使用を避けてました。
少しだけチオを混ぜて使用したりしてました。
臭いを回避するためです。

*今回シスアミを実験した理由はダメージ部分と新生部に均等に近い作用するから

15分放置
還元チェックが難しいです。
お流し…
楽チンです。「絡みません」

今回はあえて何も使用しません。
薬液の「実力」を確かめるために…


アンダー20mm~23mmオーバー28mm
ローパーム15分
クーリング5分


仕上がりです。
感想は予想を遙かに上回る物でした。
pH7のものを使用しました。
懸念していた「残留臭」これが気にならない程度に調節されていました。しっとり仕上がります。

■縮毛矯正実験

今回は中間処理…今をときめく


ナノリペアLとアクアプロテクトを使用しました。カラー毛の軟毛…いっけんのびた(還元)したように見えてもしあげると???クセが残ってしまうタイプのモデルです。しかし、良い感じで上がりました。

2剤に特徴もあります。少々堅めの2剤ですが…かなりしっとり仕上がります。
持続性をチェックしていきます。

このシスアミは来年発売予定です。

at 09:31, アンテナ, デジタルパーマレシピ

comments(2), trackbacks(0), pookmark

comment
エム, 2007/12/07 1:37 PM

久しぶりの更新、お待ちしてました^^
いつも勉強させていただいてます。

ナノはどういう風に希釈してどれくらいの濃度で使用
しますか?

サンプルでもらったリ○ルのミストしか使ったことが無くて。

アンテナ, 2007/12/07 1:55 PM

へい!次のブログに書いていきます。
希釈具合も…使用シーンも










trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/372424