<< ■ワンダーシリーズ縮毛矯正 | main | ■ワンダー縮毛矯正 >>

■キトベール(ワンダーシリーズ)


昨日の日記の続きです。
気になるアイティム…
【使用シーン】
2剤終了後、お流しでチェンジリンス10倍希釈を3〜5分放置(メーカー推奨)
おいらは中間処理として最後に振る。
(リピジュアを使用する場合はリピジュアが最後)
*しかしこの触感は…かなり良いです。

キトベールはなぜ安い(キトアクアなどと比べて)
アルギニンHCL、加水分解ケラチン、BG,メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノンが添加されてキトの量が●●%になってます。
他との配合の関係上(研究者談)

*全ての行程で最後の締めの「だしの利いたお茶漬け」のような使い方です。
キトアクアの濃度が原液と異なりますので持続性の実験をします。


熱を加えた方が吸着量が上がります。
グリセリルアルギニンが髪に吸着しやすい成分なので、配合していないものよりは、吸着性は上がっている

at 14:05, アンテナ, 新しい物好き

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/462535