<< ■MAA in 熊本 | main | デジパー&縮毛矯正の考え方 >>

■シスアミについて…

チオ・シス・シスアミ・スピエラの違いを習った
チオ=健康毛によくきく
シス=ダメージ部分に作用するが健康毛には作用しづらい
シスアミ=健康毛・ダメージに均一に掛かる

しかし、シスアミの欠点
「におい」

「手荒れ」

しかし、操作性は「たのしい」


シスアミは・チオやシスと違って疎水部分に作用する

チオやシスは親水性の部分に作用しダメージが発生する


今回のワンダーちゃんは



カール7.2のウエーブ効率は、約33%

カール9.2のウエーブ効率は、約45%

  
(※いずれもキルビー法によるもの)

*ウエーブ効率と濃度は別物です。



*気になる方はメール下さい。
 素性のわからない方、自己紹介のない方、不作法なかたには教えません。


ここで気をつけなければいけないのが、

チオで2%とチオ換算で

2%のシステアミンでは、

強さが違うということです。



チオ2%でpH9.2の薬液は大してかかってきませんが、
チオ換算2%のシステアミンでpH9.2の薬液は、
そこそこかかるということ…


チオとシステアミンの

強さのさは、同じ%であれば、

3倍くらいの違いがあるらしい…。



つまり、良く掛かる「還元」するってことです。

だから、酸化もゆっくり・しっかりして上げないとダメージにつながります。

又、ワンダーちゃんの場合

処理剤は最小限で実験してください。

そこそこ結果がでます。付けすぎは「重く」なるだけです


だから放置時間には細心の注意を計らなければなりません。
塗布時間もかなりのスピードでしなくてはいけません。

それは
思った以上に…
パワーがあるからです。


これを手に入れて実験する方は注意してください。m(_ _)m
*ミクシーがみえない方のために転記しました
_____________________________________
講習開始
http://mixi.jp/view_event.pl?id=29723807&comm_id=323098
http://mixi.jp/view_event.pl?id=29826311&comm_id=323098

at 14:52, アンテナ, 実験からの独り言

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/472440