<< ■縮毛矯正022 | main | ■MAA in 奈良 >>

■2008 最新biniri修正

■他店でできたどうしようもない状態
 朝シャンプーしてご来店13時まで「乾くことが無い髪」
履歴:3ヶ月前に縮毛矯正・20日に1回ホームカラー(白髪率60%)
   7/10に根元からチオパーマ(8分放置足らずに5分追加)
   
   根元数センチ以外「トロ毛完成」
   毛髪強度1〜2 熱処理ダメージ2〜3 アルカリダメージ4〜5
   (限りなく5に近い)
   中間〜毛先はペールイエローでした。(画像では確認しにくい)
   外人さんのような髪になってました。油分もなく水が無くなると
   カスカスのホワイトブリーチ毛のようでした


____________________________________
■レシピ公開
 熱炭化でないため「可能」と判断しました。
しかし、ここまで「乾かない髪」久々です。
■ブロック還元(各パーツ分けて)
 ゾーンに分けて還元させる。(後ろ3ブロック、左右2ブロック)
 後ろ30分左右5分、5分塗布
__________________________________
ネープゾーン(盆の窪):ナノリペア(インサイト)原液中間毛先
    根元から毛先 :プレ還元剤7.2カール+CMC10cc+ケラチャージ
            10cc
    根元:7.2+9.2クリームミックス
ヘマチン洗い流し処理
5分経過…毛先グロスフィールで洗い流し・cmc(ベル)1200〜1000〜
     ケラテック(透き通る毛先にヘマチンの黒粒っっを確認?)
3分経過…ぬるま湯でもう少し上から洗い流すヘマチン10倍
     根元にはクセもあるのでクリームミックスは残す。
     かなり薄まっている
_____________________________________
後ろ「セカンドポジション」
そこにサランラップして次のセクションも同様に…
計算して根元に残る還元剤のパワーをネープはかなり薄目…
後ろ「ファーストポジション」の根元の洗い流し具合より
やや濃いめに残す
後ろ「サードポジション」以下同様
根元の7.2+9.2のクリームミックスの濃度を徐々に上げテク

つまり
各ゾーンの根元5〜6cmの還元具合が最後のパネル塗布後3分くらいで均一化する
イメージでコントロールする。(経験です・自己責任で)

塗布に40分掛かるんで…塗り終わりはほぼ「9.2クリーム」単品になり3分放置後…
_____________________________________
還元確認…ベルロcmc2倍希釈塗布(マトリックスブロック)
     ケラチャージ
_____________________________________
シャンプーボールに湯を張ります。
ヘアダイカップを持って「ちゃぷちゃぷ」します。
シャワーは直接髪にあてません…_
ヘマチン洗い流し
ここで…簡単「ラメトリ」をします。
ラメクリ(超薄目)〜ケラチャージ〜ラメ3(超薄目)
____________________________________
中間処理:ベルロCMC〜ナノリペア〜ゲラチャージ〜キトアクア3倍
     やりすぎはねっちょりしますので
____________________________________
ジャンボコームブロー
     多くは語りません「ツインブラシは不要です」
     取り返しの付かない結果をもたらします
     超粗めスケルトンブラシやジャンボロールで…

テンションをかけずに乾かす
*ここで決まります
____________________________________
アイロンプレス 9割乾燥…処理剤の湿り気ぐらい
ワンパネルずつ…乾燥具合を確認しながら…水気が多ければ乾かします。



ワンパネルごとに「蓑毛エクステ」を馴染ませます。表側

アイロンには天竺布を巻きます。下側に来るように持ちます。

エクステの毛を「緩衝毛」として使用します。
ビビリの激しい部分は「リピジュア」を行きます

______________________________________
時間をかけても仕方がないです。ビビリが出たら…

5時間掛かりました。
_____________________________________
思い出したら付け加えていきます

at 10:42, アンテナ, 縮毛矯正レシピ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://antenna-hairchemicl-file.oita-hair.com/trackback/558757